にきびケアと内面的要素

大人になってから発症するニキビでは、思春期に発症するニキビとは異なるケアが必要に
なります。思春期ニキビの原因は、主に皮脂が過剰に分泌されることによる毛穴の
つまりです。

たとえば、更年期や生理前後の女性にニキビ発症が目立つのも、ホルモンバランスの乱れが原因であることが多いためです。 内面的ケアとしては精神面を安定させる方法として、サプリメントや漢方をご利用になることも一考です。またストレスを緩和させるために有効的となる成分には、ビタミンBが挙げられます。

にきびケアと外面的要素

また外面においては、アクネ菌の栄養源となる皮脂の過剰分泌があります。これは皮脂をしっかり洗い落として、と言っても洗浄力の強すぎるものはNGです。

これは肌に負担をかけ、乾燥した肌がニキビを発生させやすくなり、皮膚のうるおいを保とうとする体の本能が皮脂を余計に分泌させることがあるからです。また保湿成分は年齢に比例して水分量も減っていくので乾燥にも注意を。

肌を乾燥させる要因に紫外線がかかわっていることをご存知ですか?
近年ではオゾン層の破壊が進み、紫外線が強力になっているといいます。
ちょっとした日焼けでも肌への刺激が強く、真夏に日焼け止めを塗らずに
外出するのは危険だといわれていますね。

つまり、日焼けが大人ニキビのきっかけになってしまうこともあるわけです。
紫外線を受けたあとの肌は思った以上にダメージを受け、皮膚から水分が
失われるため、乾燥が始まります。

保湿でにきびケア

ビーグレンにきびケア
保湿成分を多く含むのは美容液やクリームです。それとビタミンC誘導体を含んだ化粧水がもっともおすすめです。これはクリーム状のものより水との配合が安定しているためです。ビタミンC誘導体を含まない化粧水ならあまり意味がないので、美容液やクリームだけ使用しましょう。
大人ニキビに対処するためには、心と身体の両方のケアが重要となることを、くれぐれもお忘れにならないよう注意してください。

にきびケアはニキビの状態を知ることから

段階的ニキビの種類

白ニキビ⇒ ニキビの初期の段階で毛穴の中に角質や皮脂が溜まっている状態を指し、一見は正常な皮膚の色をしています。

黒ニキビ⇒ 開放面皰とも言われ、白ニキビとは逆に毛穴が開いて皮脂と角質の混合物が酸化し、毛穴が開き角栓の先端がポツポツと黒く見える状態です。

赤ニキビ⇒ 細菌が繁殖しアクネ桿菌が炎症を起こす物質をつくり出し、皮膚に赤いブツブツが出きてしまう状態です。さらに進むと広がった毛穴の壁が破れて炎症が大きくなり、相当重症になってしまいます。

黄ニキビ⇒ 赤にきびが悪化して膿まで持った状態で、毛穴の中には黄色っぽいクリーム状の膿が溜まって腫れている状態が黄にきびです。この段階になるとにきびケアに時間がかかり、場合によっては皮膚科の受診が必要となります。


ニキビと毛穴のお悩みはバイオ基礎化粧品b.glen



にきびケア商品には洗顔、ローション、化粧品などがあります。通常のクレンジングや洗顔料には洗浄力の強い「界面活性剤」が配合されています。これはお肌の防御機能までも取り去り、その結果過剰な皮脂分泌をおこし、ニキビの悪化へとつながります。ニキビの原因となる皮脂や汚れをしっかりと吸着させて取り除くには、ビーグレンの最も粒子が小さい新潟産の天然クレイがお薦めです。洗顔後は保湿化粧水で肌にうるおいを与え、世界特許の浸透技術を用いて、高濃度のビタミンc美容液をしっかりと毛穴の奥まで浸透させます。また、ビタミンCにはニキビの凸凹や色素沈着のみならず、ニキビ痕などの予防効果も期待できます。憂鬱な毎日から笑顔を取り戻すために、ビーグレンのニキビケアを試してみませんか?

Copyright © にきびケア|医療にも使われるハイレベルな浸透技術を応用したにきびケア! All rights reserved